2012年02月09日

東洋新薬 『フラバンジェノール®』が日本健康・栄養食品協会の「健康食品の安全性自主点検認証」を取得

株式会社東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、代表取締役:服部利光)は、2012年2月8日に公益財団法人 日本健康・栄養食品協会の「健康食品の安全性自主点検認証制度(第三者認証)」において、当社の独自素材である松樹皮抽出物『フラバンジェノール®』が、認証登録を受けたことをお知らせいたします。

■『フラバンジェノール®』とは
『フラバンジェノール®』は、東洋新薬の独自素材で、フランス南西部ランド地方を主体に植林された海岸松の樹皮から抽出される機能性素材です。オリゴメリック・プロアントシアニジン(OPC)を主成分としたポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用や血流改善作用など様々な生理活性を示すのが特徴です。また近年強力な美白作用や抗シワ作用が確認され各分野で注目を集めています。

■「健康食品の安全性自主点検認証制度(第三者認証)」について
「健康食品の安全性自主点検認証制度(第三者認証)」は、事業者が実施する原材料や製品の安全性に関する自主点検について、第三者の認証機関(公益財団法人 日本健康・栄養食品協会)が審査を実施し、定める認証基準に適合するものに対して認証登録をするものです。
この認証登録を受けると、安全性に関する自主点検の結果を、原材料には「安全性自主点検認証登録コード番号」、製品には「安全性自主点検認証登録マーク」の表示が可能となり、取り扱う商品の安全性に対する信頼性向上が期待できます。
今回、東洋新薬の独自素材である『フラバンジェノール®』に関して認証申請を行い、認証登録を受けました。
【安全性自主点検認証登録コード番号:12A016001】

▶お知らせ一覧にもどる