お客様の声を反映させた処方開発のために

  • 出身校:東京大学大学院 工学系研究科
  • 部署:化粧品商品開発
  • 入社:2013年度

東洋新薬に入社してよかったことは?

入社一年目から商品開発に直接携わることができて嬉しかったです。現在は、主に化粧水やクリームといったスキンケア製品の開発を担当しています。作成したサンプルの安定性を確認したり、お客様の要望を盛り込んでサンプルの改良をしています。処方が決定したら、スケールアップ検討(実際の商品が大量生産に対応できるか検討する工程)を行い、工場での生産立会いまで担当しています。製品の使用感の調整や他部署とのやり取り等、経験したことが無いことばかりで奮闘しながらですが、着実に自分の成長に繋がっていることを実感しています。困ったときには全力でサポートしてくれる先輩社員にも囲まれており、恵まれた環境だと思います。

入社前に抱いていた東洋新薬のイメージは?

礼儀正しく、真面目な雰囲気の会社です。

入社して、今現在感じている東洋新薬の姿は?

新しいことに積極的にチャレンジしていく会社だと思います。開発中の製品のみならず、会社内のシステムに至るまで、あらゆる物事に対して限界を設けず、より良いもの追求していく姿勢を感じます。
私の所属する部署では、月に一度、部門長と新入社員との面談があります。困っていることや自分のチャレンジしたい業務等、何でも直接フランクに話をできる場が設けられているのは有り難いことだと思います。面談があることで、自分の業務の取り組み方を見直し、また新たな気持ちで業務にあたることができます。

今後の目標は?

まずは、お客様の要望を処方に落とし込むことのできる処方担当者になることです。
化粧品の処方は、使用感や見た目、香りなど様々な観点から作り上げられます。そのため、処方担当者には、原料や科学の知識に加えて感性も必要とされます。今はどれも実務と並行して勉強中ですが、お客様の言葉を処方に落とし込み、この人に任せて良かったと思われる処方担当者に成長していきたいです。