海外事業

ビジネスチャンスを世界に求めて

美や健康を求める消費者は、ボーダーがなくなった情報や物流のネットワークによって、厳しい目で世界中から商品を選んでいます。その消費者の要求に応えるためには、こまやかな情報収集力と対応のスピード感が要求されます。
東洋新薬は海外専門の部署を置き、日々情報収集と海外マーケットに進出するお客様のご支援を行っています。

1.日本から世界へ

海外トータルサポート体制

健康食品や化粧品は日本国外からの需要が高まっており、インバウンドや越境ECの市場は拡大しています。東洋新薬は中国を初めとしたアジア一帯の越境ECや、中国における一般貿易等の支援体制を構築しています。
各国における市場や流通、法規制の情報を収集し、その市場に対応できる商品設計を土台に、Made in JAPANの高付加価値をもつ商品づくりを徹底します。各種許可証や証明書などの作成もお受けし、化粧品NMPA(旧CFDA)の申請代行や申請サポートも行います。販売に当たっては、代理店を通じた販路開拓や輸出のご支援も行います。
商品の企画・設計から製造、販売促進支援まで、一貫体制でサポートします。

2.世界から日本へ

海外でのビジネス展開を開拓・促進

東洋新薬はドイツのフランクフルトにオフィスを設け、世界のトレンドや日本ではまだあまり知られていない魅力的な素材や技術などの探索を進め、シーズ開拓に取り組んでいます。データの収集、知的財産の確認、安全性の評価などいくつものハードルをクリアしながら、安心して日本で流通されられるように育てあげ、お客様にご提案します。
海外との研究機関ともネットワークを構築し、常に新しい情報の収集や分析を行っています。東洋新薬の独自素材である「フラバンジェノール®」も、こうした一連の過程を踏んでオリジナル素材として実を結びました。大変な労力を必要とするプロセスを実行できるのも当社の強みです。