HOME >> 仕事について >> 化粧品事業

仕事について:化粧品事業

営業研究開発企画製造推進化粧品事業工場品質管理管理部門

社内でも歴史の長い化粧品事業。その蓄積されたノウハウと設備を生かして、
独自の化粧品を作り上げる仕事。その主な業務を紹介します。

企画作成

どのような商品もコンセプトありきであることに変わりはありませんが、女ゴコロを掴む化粧品開発においてはコンセプトワーク、つまり商品企画が特に重要となります。大手企業が様々な企画・販促をかけている中で、差別化を図るのは非常に難しいといえますが、長年の経験と豊かな発想力でアイディアを絞り、市場調査・処方担当との打ち合わせを重ね、商品企画を作り上げます。

処方開発

企画意図に沿った効果・使用感はもちろん、安全性・安定性も満たさなければならない重要な要素。両者のバランスを取りつつ、さらには工場における製造での条件も考慮にいれながら、最適な処方を開発します。幅広い知識はもちろん、経験とひらめきも重要な要素です。

資材調達

容器・箱なども化粧品の印象をきめる重要な要素。どんな人がどんな想いで使うのか、その望みを叶える化粧品にふさわしい材質・容量・形状・デザイン性等の要因を確認しつつ、最適なものを選択します。

製造方法検討

工場における製造では試作段階と比べてスケールが大幅にアップするため、それぞれの粘度や物性に応じて、攪拌・冷却スピード、事前混合の手順等、様々な製造条件を再検討する必要があります。品質第一を守りながら、効率化を図る、化粧品技術者としての腕の見せ所です。

先輩社員紹介へ

仕事について