HOME >>  >> 若手社員紹介 >> 品質に直結する業務の緊張感とやりがい

若手社員紹介

入社:2015年度
部署:品質保証部 品質管理課
役職:一般
出身校:京都大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻

東洋新薬に入社してよかったことは?

周りに優秀な先輩が多く、自分の能力も日々磨かれていると感じています。また常に成長している会社なので、「自分の会社は将来もっと良い会社になる」という確信を持って働くことができています。何が起こるかわからない世の中ですが、当社には自分の人生を預けても大丈夫だと信頼しています。

会社の雰囲気は?

社員全員が会社の目標、部署の目標、自分の目標に向かって毎日真剣に働いていると思います。全員が常に緊張感を持って、スピードを意識しながら働いているため、1日が経つのがあっという間に感じます。仕事と休日でオンオフを切り替えている人が多く、休暇には同僚と旅行に行く人もいるようです。若手社員が多く、年齢が近い人も多いので、人付き合いに悩むことは少ないと思います。

仕事にやりがいは?

多様な仕事に関わる「品質管理課」という部署の中で、私は主に2種類の仕事を担当しています。1つ目は、製品に使用する原料が、過去に用いたものと同じであることを確認する仕事。2つ目は、当社が製造する特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品が有効成分をきちんと含んでいることを確認する仕事です。東洋新薬は、食品だけでなく化粧品の製造も行っており、品質管理には特に力を入れている会社です。その中で製品の品質に直結する業務に携わることは、緊張感を伴いますがやりがいがあると感じています。

今後の目標は?

まずは目の前の仕事や課題に全力で取り組むことで、一人前の社員に成長したいと思っています。将来は後輩社員の育成にも積極的に関わっていき、今いる先輩方のように若手社員の能力を引き出していくことで、会社をより活気のある良い職場にしていきたいと考えています。

HOME