2020年03月09日

日本初「大麦若葉末」を関与成分素材とした機能性表示食品を届出 SRを活用した食品展開が可能に

株式会社東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、代表取締役社長:服部利光)は、大麦若葉末の「大麦若葉由来食物繊維」を機能性関与成分とする初の機能性表示食品「大麦若葉の繊維青汁T」を届出し、2020年3月5日付で公開されましたのでお知らせします。

東洋新薬は、「大麦若葉由来食物繊維」を機能性関与成分とする「大麦若葉の繊維青汁T」を消費者庁へ届け出し、本商品は2020年3月5日付で機能性表示食品として公開されました。(届出番号:E686)
本商品は、SR(システマティックレビュー)を用いた届出です。従って、今後は、青汁での届け出はもちろんのこと、グリーンスムージーや清涼飲料水などの飲料、パンや焼き菓子、うどんなど様々な食品に配合し、日々の食生活により取り入れやすくした機能性表示食品として届け出することも可能となりました。

■ 届出内容

 【商品名】 大麦若葉の繊維青汁
【届出番号】 E686
【機能性関与成分】 大麦若葉由来食物繊維
【届出表示】 本品には、大麦若葉由来食物繊維が含まれます。大麦若葉由来食物繊維には、便通を改善する機能が報告されています。便秘気味な方に適した食品です。

 

■ 大麦若葉由来食物繊維とは
大麦若葉由来食物繊維は、イネ科オオムギの若葉部を乾燥、微粉砕加工した大麦若葉末に含まれる成分です。2010年には、大麦若葉由来食物繊維を関与成分とした便通改善作用を許可表示とする特定保健用食品の許可も取得しております。

■ 大麦若葉末について
東洋新薬は大麦若葉末の機能性について研究を重ねており、これまでに整腸作用をはじめ、血中中性脂肪上昇抑制作用、カルシウム吸収促進作用などを確認しております。

今後も素材の新たな可能性を見出し、健康食品・化粧品のODEM(ODM&OEM)メーカーとして、一人でも多くの方の生活の質(QOL)の向上に貢献してまいります。

▶最新ニュース一覧にもどる