HOME >> 自社取扱素材 >> すいおう(甘藷若葉末)

すいおう(甘藷若葉末)

すいおう(甘藷若葉末) すいおう 栽培のこだわり 機能性 血糖 血圧 肝臓脂肪

すいおう(若葉甘藷末)=大地が育む天然由来の機能性素材

晴れ渡る青空に負けないほど鮮やかな緑色をしたハート型の葉。熊本阿蘇地方を中心とした地域で、農薬を一切使用しない、契約農家さんによる「翠王」作りが丹念に行われています。

血糖値抑制作用や、血圧上昇抑制作用、肝臓への脂肪蓄積抑制作用などが認められる「すいおう(甘藷若葉末)」

すいおう(甘藷若葉末) 有機JAS農作物

すいおう(甘藷若葉末)の特徴

雄大な大地で育った「翠王」

栄養価の高いサツマイモの茎葉を食用として使えるように独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センターによって開発されました。

ホウレンソウよりもカルシウム、カリウムなどのミネラルを多く含み、ビタミンB2はトマトの8.5倍を含んでいます。

他の野菜にはほとんど含まれていないトリカフェオイルキナ酸と呼ばれる抗酸化力に優れたポリフェノールを含有しています。

栽培から製造までを一元管理

すいおうは、サツマイモの一品種である「翠王」の茎葉部分をまるごと乾燥、粉砕した天然由来の機能性素材です。

翠王を栽培しているほ場は、有機JAS農作物の栽培ほ場として国から認定をうけています。契約農家の方へきめ細かい指導を行いながら協働で有機栽培に取り組んでいます。

収穫後は24時間以内に粗粉末化することで、味、色、風味の劣化を回避しています。

原料の生産から商品製造まで、全工程を一元管理する管理体制の構築を行っています。

有機JAS農作物
農林水産省に登録した第三者機関(登録認定機関)により、生産行程管理者として有機農産物の日本農林規格認定の技術的基準に適合していると判断されること。
次の条件を満たしたほ場で栽培・収穫された農産物に認められる。

・播種または植え付け前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していない田畑で栽培
・栽培期間中も禁止された農薬・化学肥料を使用しない
・遺伝子組み換え技術を使用しない

すいおう(甘藷若葉末)

血糖値、血圧に効果

食後血糖値の上昇抑制作用が確認されるなど、糖尿病対策として期待を集めています。

血圧上昇抑制作用が確認されました。

肝臓脂肪の蓄積抑制にも効果があることが確認されました。

多岐にわたる商品企画が可能

メタボリックシンドロームを意識している方や糖尿病を意識している方向けの商品として、提案が可能です。

顆粒、錠剤、ハードカプセル、ソフトカプセルなど様々な剤形に幅広く対応可能なほか、味や臭いにクセがないので、パンやクッキーの原料としてもお使いいただけます。

すいおうロゴについて

すいおう(甘藷若葉末)は、熊本県阿蘇地方を中心とした、豊かな自然の中で栽培されています、その大地の恵みと生命力の意味を込めて、ブランドキーフレーズを"大地の元気"とし、翠王(すいおう)の特徴であるハート型の葉を中心に配しています。

また、サンサンと輝く太陽のもと広大な台地を覆う深い緑色をベースカラーとしました。

全体として、大地の中の翠王の葉の鮮やかさと、大地の豊かさを表現しています。

すいおう(甘藷若葉末)