その他機能性素材

研究開発力を生かし、自然が育んだ素材の機能性をさらに引き出します。こうして生まれた機能性素材をもとに、お客様にオリジナル商品をご提案いたします。

その他機能性素材紹介

ターミナリアベリリカ

ターミナリアベリリカは、落葉樹「ターミナリアベリリカ」の果実から抽出した機能性素材で、ポリフェノールを豊富に含有しています。主に南アジアなどの熱帯地域に分布しており、インドの伝統である“アーユルヴェーダ”において、肝臓保護や下痢止めの伝承薬として処方されてきました。

機能性

食後血糖値上昇抑制作用

食事で摂取された糖質は、消化管内で分解されてブドウ糖になり血液中に取り込まれます。血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が継続的に高い状態にあると、インスリンの作用が十分に発現できなくなり、糖尿病や肥満の原因になります。また、動脈硬化の亢進にも繋がります。そこで、食後の血糖値に及ぼす効果を臨床試験により検証したところ、ターミナリアベリリカには血糖値上昇抑制作用が確認されました。この作用メカニズムは糖質分解酵素の阻害であると考えられています。

  • 学会発表
  • 「ターミナリアベリリカの食後血糖上昇抑制作用」
血中中性脂肪値上昇抑制作用

血液中に中性脂肪などの脂質が異常に増えた状態が続くと、動脈硬化を生じ、脳梗塞や心筋梗塞の要因となります。そこで、食後中性脂肪値に及ぼす効果を臨床試験により検証したところ、ターミナリアベリリカには血中中性脂肪値上昇抑制作用が確認されました。この作用メカニズムは脂質分解酵素の阻害であると考えられています。

抗肥満作用・メタボリックシンドローム予防作用

肥満はさまざまな生活習慣病を引き起こす原因と考えられています。そのため、美容的観点のみならず、健康的観点からも改善の対象となり得ます。肥満の改善とは、すなわち過剰な体重や体脂肪を減少させることです。そこで、体重および体脂肪に対する効果を検証したところ、ターミナリアベリリカの抗肥満作用が確認されました。また、メタボリックシンドロームの諸症状を予防する作用も認められています。

バナスリン™

バナスリン™は、ミソハギ科の植物「バナバ」の葉から抽出した機能性素材です。血糖値の改善に有効な成分であると考えられているコロソリン酸を高含有しています。古くから民間伝承茶として親しまれてきました。

機能性

食後血糖値上昇抑制作用

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が継続的に高い状態にあると、インスリンの作用が十分に発現できなくなり、糖尿病や肥満の原因になります。また、動脈硬化の亢進にも繋がります。バナスリン™に含まれるコロソリン酸は細胞内のグルコーストランスポーターに働きかけ、血液中のブドウ糖を脂肪細胞や筋肉細胞への取り込みを促進させることが知られており、高血糖状態の改善に有効と考えられています。

  • 学会発表
  • 「バナバ抽出物の糖尿病に対する効果」
抗肥満作用

肥満はさまざまな生活習慣病を引き起こす原因と考えられています。そのため、美容的観点のみならず、健康的観点からも改善の対象となり得ます。肥満の改善とは、すなわち過剰な体重や体脂肪を減少させることです。そこで、体重および体脂肪に対する効果を検証したところ、バナスリン™の体重上昇抑制作用・抗肥満作用が確認されています。

大豆セラミド

大豆セラミドは、大豆から抽出したセラミドを含有する美容素材です。セラミドは、健康な皮膚を保つためのバリアの役目をもつ脂質です。植物由来のセラミドを外用や食品として摂取することで、皮膚機能の改善・向上が注目されています。

機能性

メラニン生成抑制作用

皮膚のシミやくすみは多くの女性の悩みであり、それらの改善は透明感のある美しい皮膚を保ちたい女性にとって重要な問題です。そのシミやくすみの原因は皮膚中のメラニンの過剰な生成によるところがあります。そこで、メラニン生成に対する作用を検証したところ、大豆セラミドにメラニン生成抑制作用が確認されました。

コラーゲン生成促進作用

タンパク質の一種であるコラーゲンは、皮膚のうちでも表皮下の真皮に非常に多く存在し、肌に弾力性、いわゆる張りを与える役割を果たしています。しかし、皮膚コラーゲン量の減少はしわやたるみの原因になります。そこで、コラーゲン生成に対する作用を検証したところ、大豆セラミドにコラーゲン生成促進作用が確認されました。

発酵エキス

乳酸菌を用いた発酵により、素材本来がもつ機能性の増進や、新たな機能性の付加を期待した機能性素材です。

機能性

抗肥満作用(青トウガラシ発酵エキス)

肥満はさまざまな生活習慣病を引き起こす原因と考えられています。そのため、美容的観点のみならず、健康的観点からも改善の対象となり得ます。肥満の改善とは、すなわち過剰な体重や体脂肪を減少させることです。そこで、体重および体脂肪に対する効果を検証したところ、青トウガラシ発酵エキスの体重上昇抑制作用・抗肥満作用が確認されています。また、血流改善作用も確認されました。

胃潰瘍予防作用・腸管免疫改善作用(キャベツ発酵エキス)

「お肌は内臓の鏡」と言われるように、胃腸の衰えは肌のトラブルとなって現れます。更に、胃・十二指腸は食生活やストレスの影響を受けやすく、肌のトラブルと密接に関連しています。そこで、胃腸に対する効果を検証したところ、キャベツ発酵エキスには、胃潰瘍予防作用や腸管免疫改善作用が確認されました。そのほかにも肝機能改善作用、免疫強化作用が認められております。

血糖値上昇抑制作用・血中中性脂肪値上昇抑制作用(タマネギ発酵エキス)

食事で摂取される過剰な糖質や脂質は、糖尿病や肥満の原因になります。また、動脈硬化の亢進にも繋がります。タマネギ発酵エキスには血糖値上昇抑制作用、血中中性脂値肪上昇抑制作用が確認されています。また、血流改善作用も確認されています。