HOME >> 事業内容 >> 化粧品事業・医薬品事業

化粧品事業

独自技術と独自素材の両輪で高付加価値化粧品を開発 開発力・技術力・製品力でお客様のニーズをトータルサポート

身体の内側からだけでなく外側からも栄養機能が必要なはず、そんな思いから東洋新薬の化粧品事業ははじまりました。独自素材やトクホ許可取得数No.1の実績で、健康食品業界をリードする東洋新薬。健康と予防医学を見つめてきた当社だからこそ、最高レベルの化粧品開発体制でお客様のご要望にお応えします。

新しい乳化技術の採用で付加価値のある化粧品を

三相乳化

「三相乳化*」とは、神奈川大学により開発された界面活性剤を必要としない、新しい乳化テクノロジー。 従来の乳化技術に欠かせなかった界面活性剤の代わりに、柔らかい親水性ナノ粒子の物理的作用力(ファンデルワールス引力)を利用した新しい乳化技術です。
この乳化技術は、物質固有の性質に依存せず粒子の大きさや形だけに依存する、従来の乳化技術とは全く違うアプローチに基づく、画期的なものです。

三相乳化模式図

当社では、この界面活性剤を必要としない三相乳化を応用した独自の化粧品を開発しました。

三相乳化を応用した化粧品では、肌への安全性に加え、今までにない独自のテクスチャーが実現できます。
また、一般的に両立が難しいと言われていた、感触が良く安定性に優れた化粧品が製造可能となります。
(*三相乳化は、神奈川大学の特許技術です。特許第3855203 『乳化分散剤及びこれを用いた乳化分散方法並びに乳化物』)

三相乳化の5つの特徴

1つのナノ粒子で多種の油剤を乳化可能
1種類のナノ粒子で、無極性油、極性油、シリコーン油など広範囲の
油剤を乳化することが可能
異種油剤エマルションの混合可能
油剤の種類にかかわらず同一ナノ粒子で乳化するため、異種油剤
エマルションの共存や混合が可能
水で希釈してもエマルションを保持
エマルションに水を加えて希釈しても、エマルションは破壊されない
水質によらず乳化可能
水質の影響を受けないため、海洋深層水など塩を含む水でも
乳化可能
乳化粒子の大きさにかかわらず安定
乳化粒子の大きさにかかわらず分離が起こりにくく、熱・経時安定性
に優れ、界面活性剤フリーならではの独自のテクスチャーを実現
三相乳化の5つの特徴

天然由来の独自素材で肌にやさしい化粧品を

肌に、より効果のある素材を求め、東洋新薬では独自素材の開発に力を入れています。天然由来の独自素材を配合することで、
他社と差別化を行うこともできます。

バラフ(R)

「バラフ(R)」とは南アフリカの砂漠地帯に生息する「アイスプラント」を、佐賀大学農学部の研究開発により野菜化した、佐賀大学発のブランド野菜です。
葉や茎の表面にキラキラと光る水滴のような細胞をもつことから、スワヒリ語で「水晶」や「氷」を意味するバラフ(R)と名付けられました。この水滴のようなものはブラッダー細胞と呼ばれ、水分やミネラルの貯蔵器官として働き、乾燥した砂漠地域でも生き抜くために重要な役割を果たしています。


「バラフ(R)を収穫する際に手肌がすべすべになった」という生産者の声を佐賀大学より受け、バラフ(R)の化粧品原料としての機能性を深堀した結果、ミネラルの保湿性とエイジングケアに有効なビタミンなどが確認されました。臨床試験では保湿作用や抗シワ作用も確認され、バラフ(R)を原料とする独自の化粧品の開発が進められています。

バラフ(R)
塗布による保湿作用、抗シワ作用 植物性ヒアルロン酸様物質バラフ(R)エキスの保湿力
(*)グルクロン酸から構成される多糖類を含むバラフ(R)エキスを植物性ヒアルロン酸様物質と呼んでいます。

フラバンジェノール(R)

『フラバンジェノール(R)』とは、フランス南西部ランド地方を主体に植林された海岸松の樹皮から抽出される東洋新薬の独自素材です。オリゴメリック・プロアントシアニジン(OPC)を主成分としたポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用や血流改善作用など様々な生理活性を示すのが特徴です。また近年強力な美白作用や抗シワ作用が確認され、各分野で注目を集めています。

フラバンジェノール(R)
塗布による美白作用 塗布による血行促進作用

ターゲットにフィットしたブランドをクリエイトする

化粧品においては、ユーザー心理を満足させるブランディングも必要不可欠です。ターゲットにフィットするコンセプトを確立するために、化粧品のブランディングに精通したスタッフが、ネーミング、パッケージ、商品ラインナップ、販売方法、コミュニケーション方法など全要素に一貫した戦略を、お客様と一体となって立案していきます。

また東洋新薬の独自素材によって、差別化、機能性向上を図ったり、 化粧品との相乗効果が期待できる健康食品を化粧品とともに商品化し、 内外美容のラインナップを展開することが可能です。 企画力、そして安定性・高品質とを担保する生産体制とサービスで、 東洋新薬はお客様のご要望に応えます。

コンサルティング

コンセプト、テクスチャー、デザインなどの
ご要望や戦略をヒアリング。

企画提案

ブランドコンセプトやイメージを具現化し、商品企画と販売戦略が連動したご提案が可能。

処方・試作

感触や質感などのテクスチャーから、色や香りのバリエーションまで、ご満足いただける使用感、効果感を実現。

評価

開発した製品を最終的にヒト評価試験にかけ、
化粧品としてのエビテンスを検証。

パッケージデザイン

デザイン部門によるブランドコンセプトと
商品特性を深く反映させたご提案が可能。

薬事法などの諸法規関連業務

コンブライアンスチェック、知的財産管理、
各種申請などもサポート。

製造

医薬品製造基準に準拠した厳しい品質管理体制のもと製品を製造。全製品の安全性テスト、パッケージテスト、搬送テストなど厳格な品質検査を実施。

販売支援

情報収集、提供、販促物の
コンブライアンスチェックなど

ご提案商品の一例

承認までにかかるコストと時間を大幅に削減スピーディーな医薬部外品開発のサポート(デザイン決定後、最短3ヶ月)

医薬部外品は、厚生労働省大臣の承認を得て、美白・抗炎症・体臭を防ぐ・育毛などの効能効果をうたうことができ、販売戦略も立てやすくなります。
しかし医薬部外品の製造販売をするには、薬事法に基づき厚生労働省の許可承認を受ける必要があります。これらを一から着手するのはかなりの労力と時間を拘束され、さらに諸手続きを満たしたとしても、配合成分によっては医薬部外品として承認されない可能性もあります。

東洋新薬ではトクホ(特定保健用食品)許可取得数日本一の実績から、各種申請手続きのノウハウを活かし、スピーディーな医薬部外品開発を行うことが可能です。また一般的には上市まで14ヶ月以上かかるところを、東洋新薬の承認済み医薬部外品であればデザイン決定後、最短3ヶ月で上市することも可能であり、安全性・安定性試験の実施にかかるコストや申請から承認までの時間のロスも大幅に削減することができます。

東洋新薬の承認済み医薬部外品をご提案する場合

医薬品事業

培った研究開発力を医薬品事業へ新たに展開

第3類医薬品

人々の健康と美に貢献する為に

東洋新薬は人々の健康と美に貢献することを目的に、健康食品事業および化粧品事業を展開してまいりましたが、医薬品を通してより多くのお客様の健康に貢献したいと考え、OTC医薬品も取り扱っています。
超高齢化社会を迎え、セルフメディケーションの意識も高まる中、OTC医薬品の必要性が増しており、OTC医薬品から健康食品、特定保健用食品、化粧品、医薬部外品まで、健康と美に関わる幅広い領域をカバーすることで、さまざまなお客様ニーズにお応えしてまいります。
また、医薬品という新しい分野に挑戦することにより、その培った高い開発力を活かしながら、さらにエビデンスの高い健康食品や化粧品の開発・製造を推進してまいります。

HOME